第佰弐拾漆回 時を越えて出会ったあの子


016.png

とっとこさん、こんにちは〜
狐の使い魔Nです〜

今回は先月に開催されました
『荒ぶる巨影と時空移動 〜過去との出会い〜』の
お話しをしようと思ってやって参りましたよ〜

あれは狐様のお使いの帰り道、使い魔のみんなで荒れ平原を歩いていた時のことです。
わいわいと談笑していると、突如地響きが!そっと震源の方の様子を窺うと…
暴れまわっている古代式ラモルタを発見したのです!

331_e_暴ぶる古代式ラモルタ

辺りを破壊しながら暴れる古代式ラモルタに駆け寄って、
なんとか落ち着かせようと試みましたが全く歯が立たず…
一旦その場から離れて陰に隠れ、どうしたものかと相談していた…その時です!

刻の首飾

使い魔Eが先ほど買って身に着けていた刻の首飾りが輝き出し、
目の前に謎の歪みが現れました!
突然のことに呆然としていた僕たちは、
大きくなったその歪みに抵抗できず飲み込まれてしまいました…。

光差す園庭

気がつくとそこは見たことのない見事な園庭。
どうやら先ほどの歪みによって知らない場所へ飛ばされてしまったようです…。
美しい園庭を見回してみると、少し離れた場所にあの古代式ラモルタの姿が!
暴れてはいないものの、いつまた暴れ出してもおかしくない雰囲気。
ひとまず状況を把握するため、
僕たちは古代式ラモルタを避けて園庭を探索することにしました。

しばらく歩いていると、見慣れた尻尾を持った幻獣の姿を発見!
ですが、なんだか背丈が小さいような…?
近づいて声をかけてみると、その姿は紛れもない濡髪童子!

濡髪童子【幼姿】

しかし普段のような大人びた姿ではなく、幼い姿で…。
……察するにどうやらここは過去の幻獣界!?
ということは、僕たちが巻き込まれたのは時空の歪み…?

「君たちはどこからきたの?」と尋ねられ、
僕たちがここに来た経緯を話すと彼は興味深そうに頷いた後、
「僕との勝負に勝てたら協力してあげるよ!」と言いました。

そして始まった濡髪童子との力試し。
所詮子供相手だから…と油断していたら、軽い身のこなしに翻弄されて大混乱!
それから暫く白熱した攻防が続き、どうにか捕まえることに成功すると、
彼は満足そうに笑いながら協力を申し出てくれました!

その後、濡髪童子が園庭の探索や古代式ラモルタの調査を
一生懸命手伝ってくれた甲斐もあって、ついに元の時代に帰るための手がかりを発見!
時空の歪みの発生は、なにかの拍子に古代式ラモルタの制御装置が外れてしまい、
古代式ラモルタの持つ古代文明の力が暴走した結果だったようです。

原因を突き止めてしまえばこっちのもの!
濡髪童子と協力して暴れる古代式ラモルタの足元を崩して動きを封じ、
その隙に修理をすると正常な姿に戻り、落ち着きを取り戻してくれました!
ちなみに、ここでの修理のやり方は狐様直伝のすごい方法です!
「そういう時は3回軽く叩けばいいのよ」と以前おっしゃっていたのを
僕たち使い魔はちゃんと覚えていました。
そして間違いはありませんでした。さすが狐様です。

古代式ラモルタが正常に戻ったことによって、歪んでいた時空の狭間も
元通りの安全な状態になったことを確認して一安心。
そして訪れる濡髪童子との別れの時…。
僕たちは『また遊ぼうね』と、指をきって約束を交わしました。

帰り道はお詫びに送ってくれるという古代式ラモルタの背に乗せてもらって、
僕たちは無事に元の時代に戻ってくることができたのでした。
めでたしめでたし。


……戻ってすぐお月見団子の防衛戦に駆り出されたのはまた別のお話。

タイムマシン

以上、使い魔Nでした〜またね〜★



■ 関連リンク
幻獣物語2公式ブログ
■ 狐の独りごと 公式Twitter
@genmono2_K
■ 幻獣物語2 公式LINEスタンプ【PC】
LINEスタンプ【PC】
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ【スマートフォン】
LINEスタンプ【スマートフォン】




最新記事
狐の独り言
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
検索