第玖拾漆回 双翼の系譜〜拾遺譚〜


よるばん120

あ、とっとこさんみっけ!こんにちは〜
君にとっておきの情報をお届け!ボクこと狐の使い魔Wだよ。

双翼のキメラの親探しの旅はなんだか長い道のりみたいだね。
調べておいてって頼まれたこと、調べてきたよ〜
…え?頼んだのはとっとこさんじゃない?
あれれ、それならボク誰から頼まれてたんだろ…まぁいいや!
折角だし、それにとっとこさんにも無関係なお話じゃないと思うからお話しちゃうね!
確か、この紙だったかな…


▽1枚目。所々絵が描かれているカラフルな紙

双翼のキメラととっとこさんの幻獣が出会った、錬金術師のお姉さんについてだね。
他の幻獣たちに彼女のことを聞いてまわったら、
偶に毛や羽根、生え変わって抜けた牙や鱗を欲しがる押しの強い変わり者だけど
悪い奴じゃないと思う。たぶん。…っていう意見が多かったよ!

今回も双翼のキメラのことを気に入って、
どこまでも大きな工房ごと勝手について来ちゃうあたり、真っ直ぐで愉快な方だよね!

そうそう、工房といえば「賢者の隠し工房」は今イベント初登場!な
錬金術師の使い魔的な子が店頭に立つイベントショップだね。

 賢者の隠し工房
工房の所持者が錬金術師なだけあって、大きな実験器具が建物の外まで飛び出してて…
個性的な外観だよね〜
なんでも、この工房ができるまでデザインや機能面にもこだわったようで、
一軒家の大掛かりな実験器具が備わった工房や移動することに特化した工房、
色々とデザインの試行錯誤があったみたい。
最終的には
「大きな実験器具も欲しいし素材採集の為、各地を巡るには移動もできるようにしたい…
 おまけに隠れ家的な外観だと面白い…隠れ家は浪漫!!」
なんて錬金術師の力強い一声で今のデザインの工房に決めたんだとか。

大きな実験器具を背負った、ずっしりとしたあの風貌で移動するもんだから
初めて動くところを見た時はボク驚いちゃったよ!
ちなみに、初めて来店した方に偶に迷う方もいると噂(?)の入り口。
あの、まるでヒゲのように茂った場所をくぐった所にあるなんて面白いよね!

それから、その店先に立つ(浮かぶ?)店員さん。
契約を結ぶ使い魔とは違って、この子はお姉さんの錬金術によって生み出されたんだって〜
工房の店員
言葉を話すことはないけれど相手の言葉や意図を解する、優秀な子みたい。
ボクの突撃インタビューにも頷いたり頭を振ったり、時に本などの一文を指して
丁寧に応対してくれてたんだよ!

その時に聞いた話だと、実はこの子以外にも何体かいて、
やんちゃな子やいつも眠そうな子、泣き虫な子に…兄弟(?)がたくさんいて楽しそうだね〜
店先にいるこの子は中でもいちばん落ち着きがあるという理由で店員に大抜擢されたんだとか。
とっとこさんやお客の来ない間は、主である錬金術師の実験のお手伝いをしたり本を読んだり
して過ごしているんだって!


▽2枚目。アイテムのサンプルが貼り付けられた紙

お次は…とっとこさんが拾ったアイテム「守破片」。
いくつかの素材と一緒に工房へ持っていくと復元してもらえたみたいだね。
 守破片
元は筒型の飾りだったこれは、なんと双翼のキメラのおかあさんが身につけていた装飾の一部
らしいよ!
よ〜く調べると、身につけた間に影響を受けたのか、おかあさんの力が少し宿っているみたい。
だから、その僅かな力に反応して最果ての地で隠された石都への道が現れたんじゃないかな?
相手の力を感知して道が開く、なんて…
とっとこさんの世界の言葉を借りるなら、ハイテクってやつだね!

そうだ!妖樹たちに聞き取りしてみたんだけど、
彼らは筒飾りの欠片、守破片を持っていたことについて、全く覚えが無いんだってさ。
成長過程で落ちていたものをいつのまにか取り込んじゃったのかも…って教えてくれたよ。
そういうことはよくあるんだって〜
となると、
どうして双翼のキメラのおかあさんが身に付けていた装飾が
破片となって落ちていたんだろうね?

「記憶が朧げな彼女には心当たりがないようだが、実験所にあった研究日誌から予想するなら
 実験所から逃げ出した際に落とし、砕けてしまったのかもしれないね。」
…って錬金術師のお姉さんがいってたなぁ〜


▽3枚目。淡々とまとめられた紙

そうだった!実験所にあった研究日誌。ボクも中身を確認してきたんだけど、
どうやらこの場所で行われた実験の記録みたいだね。
ご丁寧に毎日こと細やかに書いてあったよ。随分几帳面な方だなぁ〜

どうやら、強力な枷によって幻獣たちを捕えて、実験に無理やり協力させてたみたい…
連日行われたのは、様々な種の部位や遺伝子を繋ぎ・組み合わせて新たな生物を生み出す
「合成獣」の実験。

記録によると一度だけ、捕らわれた幻獣たちが大暴れしたことがあって、
その時、他の幻獣たちに庇われて1体逃げてしまったんだって。
もし生き延びていたら…
って、しばらく実験所の発覚を心配してる内容が数ページ続いていたんだけれど
次第に、その逃げ出した幻獣の遺伝子を用いた合成獣の錬成が順調だって、
そんな興奮じみた記述でページが埋め尽くされるようになってたよ。

他にも同じこの世界で暮らす幻獣がやったとは思いたくない記述がいくつもあってね。
錬金術師のお姉さんが私の同業だろうなって言ってたけど
もしお姉さんがこの本の錬金術師と同じような気質だったら、
きっとあの店員のような良い子やその兄弟は生まれて来てないよね!
錬金術師にもいろんな方がいるんだな〜


さてと、ボクが調べたのはここまで。イベントは明日28日(水)13時までだから、
あとはとっとこさんの手で調べて、双翼のキメラの旅の結末を見届けてあげてね!

ボクも流石にそろそろ頼まれた方に情報届けてこなきゃ。誰だったかなぁ…
長くなったけれど、ここまでお話きいてくれてありがとう!
以上、狐の使い魔Wでした。またね、とっとこさん!



■ 関連リンク
幻獣物語2公式ブログ
■ 狐の独りごと 公式Twitter
@genmono2_K
■ 幻獣物語2 公式LINEスタンプ【PC】
LINEスタンプ【PC】
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ【スマートフォン】
LINEスタンプ【スマートフォン】




最新記事
狐の独り言
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
検索