第捌拾回 猫が狐に勝てない理由


よるばん120

とっとこさん!こんにちは〜
今回はボク、狐の使い魔Wがチラ裏を担当するよ!

とっとこさんは、ボクら幻獣に属性があることは知っているよね?
そう!属性は全部で「」の六種類に分けられているんだ。
そして、この属性によって幻獣らには戦う時に得意な相手や苦手な相手がいるんだけど…
…それも知ってたかな?
このお話はヘルプにも載っているらしいから、知らなかったよ!っていうとっとこさんには、
そっちも確認してもらうとして…
実は!この属性の得意不得意について、とある昔の文献の調査資料っていうのを見つけたんだ!
折角だから、とっとこさんにも紹介するね!


『幻獣たちの属性についての調査資料』

かつて幻獣界の幻獣らは三属性に大きく分けられていたらしい。
「獣・霊・魔」
これらは
「獣は魔を喰らい、魔は霊を変異させ、霊は獣に憑く。」
と謂れ、互いに得意な相手と苦手な相手を持つ、三すくみの関係にあったという。



の三すくみ」
属性A

バーゲストな使い魔Tさんが誰かに喰らいついたり、
ポロウタリの使い魔Iさんが誰かに取り憑いたり…っていうことだね!
いつも仲良しの使い魔さんだと…ちょっと想像するのが難しいなぁ?
あ!で、でもロキの姿の使い魔Mさんがフェンリルによく噛まれているのはもしかして…!?
一つの謎が解けたかもしれない(?)ところで、続きも読んでいくね。


『幻獣たちの属性についての調査資料 続き』

先ほど述べた基本となる三属性。
しかしこれらの属性の関係に当てはまらない幻獣たちが確認されている。

ある日突如姿を現し、その戦闘力から瞬く間に覇権を握った龍属性。
しかしそれを阻むかのように姿を見せた元来その地に息づく歴史深い地属性。
そして無垢なる可能性の塊、無属性。

基本となる三属性に対しては少数ながらも存在している。

私の調べで分かったのはここまでだ。
他は文献の多くが風化して解読できない部分も多い。
一先ず分かったことをここに記してまた調査の旅に出よう…


の関係」
属性B改

ふむふむ、資料はここで終わっているみたい。
戦いの得意なボクみたいな龍属性でも、地属性幻獣を前にするとちょっぴり足が
すくんじゃうんだよね…!
お菓子を死守するオータムドラゴンの姿の使い魔Qさんの迫力にはいつも怯んじゃうよ。
グリモワールな使い魔Pさんは本だし、無属性の子にはデリケート、っていう子が多い
らしいから…爪たてないように気をつけてねって言われたなぁ〜


どうだったかな?
幻獣たちの属性の力関係についてのお話、少しでも楽しんでくれたなら嬉しいな〜
普段の討伐の時にでもふと思い出して、戦いをより有利に進めるのもいいかもね!

くんくん…何やら幻獣界では事件の匂いがし始めているから、そろそろボクも行かないと。
今回も最後までお話聞いてくれてありがとうございます!
またね、とっとこさん!



■ 関連リンク
幻獣物語2公式ブログ
■ 狐の独りごと 公式Twitter
@genmono2_K
■ 幻獣物語2 公式LINEスタンプ【PC】
LINEスタンプ【PC】
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ【スマートフォン】
LINEスタンプ【スマートフォン】




最新記事
狐の独り言
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
検索