第肆拾回 坑道跡:調査報告書


03_ind120.png

とっとこさん、こんにちは!狐の使い魔Sです。
まだまだ風は冷たいものの、暖かな日差しに春を感じるようになってきましたね。

本日終了したイベント「トロッコ地下探索記!」、楽しんでいただけましたでしょうか。
幻獣界で発見された古い坑道跡、私ももちろんこの調査隊に参加してまいりました。
その調査活動のさなか、私はこの坑道跡にまつわる古い記録を発見しました。
今回はその一部を、ここに公開しようかと思います。


[資料1]
01_1.png
熱を内から生み出す不思議な鉱物。
そしてその鉱物より湧き出る熱を宿した精霊…
かつてこの地はこの鉱物を中心として者々が集い、文明が築かれたものと考えられます。


[資料2]
02_20170227212924537.png
この鉱物より生まれた精霊たちの力を借り、文明は着々と発展を遂げていったようです。
あの坑道もどうやら、開拓されたものの一つのようですね。


[資料3]
03_20170227212925e05.png
三つ首の竜らしきものに襲われています。
これは調査隊が最深部の扉の向こうで遭遇した竜と考えられますね。
かつての民たちも開拓が進む中、どうやら目覚めさせてはいけないものを目覚めさせてしまったようです。


[資料4]
04_20170227212927349.png
最深部の扉を守るように立ちはだかっていた古代兵器…
どうやらあれは、邪悪なる竜を閉じ込めるために配備されていたようですね。
この時には、かなりの技術力を持っていたことがわかります。


[資料5]
05_20170227212928513.png
おや、これは…仕掛け部屋で遭遇した兵士でしょうか。
私の憶測ですが、あの鎧は
希薄な存在であった精霊たちが、戦えるため、身を守れるために、民たちがこしらえたものなのかもしれません。
そしてその民たちが何処かへと去っていってしまったあとも、今なお文明を守り続けていたのかもしれませんね。


いかがでしたでしょうか。
調査はこれにて終了しましたが、またどこかで新たな謎の扉が開くかもしれませんよ…?

それではまた、お会いしましょう。
謎ハンター狐の使い魔Sでした。




■ 関連リンク
幻獣物語2公式ブログ
■ 狐の独りごと 公式Twitter
@genmono2_K
■ 幻獣物語2公式Twitter
@genmono2
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ【PC】
LINEスタンプ【PC】
■ 幻獣物語2公式LINEスタンプ【スマートフォン】
LINEスタンプ【スマートフォン】




最新記事
狐の独り言
リンク
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別記事
検索